新しい時代の冠婚葬祭マナー

世の中はますます変化してきていますが、その中でも変わらないものも多くあります。
人間関係が希薄の時代と言われる現代では、人と人との関係をスムーズにする昔からの知恵や慣習は、特に大切です。

中でも冠婚葬祭におけるしきたりやマナーには、人を不快にさせずに自分の気持ちを相手に伝える知恵や、人に愛されるルールがつまっています。
なかなか機会がないと、冠婚葬祭のしきたりやマナーは覚えられないかもしれません。
しかし、知らずにやってしまいがちなマナー違反については、勉強しておくことをおすすめします。
いい人間関係を築くためにも、マナーは非常に重要です。

結婚式は二人の新しい門出を祝う場ですが、最近では昔と比べてカジュアルな結婚式が増えてきています。
といっても、しきたりやマナーまでもがカジュアルになった訳ではないので注意しましょう。
若い人から年配者まで、列席する人々の年齢層はまちまちですから、挙式の雰囲気に合わせた服装や言動をするのが大人の気遣いです。
白いドレスや肌を露出したドレスで出席したり、親しい仲だからといって昔の打ち明け話をあけすけにすることは控えましょう。

社会に出たり結婚したりすると、人間関係は大きく広がります。
日常生活の中でもお祝いを贈ったり、お礼をしたりと、それまでとは違ったしきたりやマナーが求められるわけです。

「ありがとう」や「おめでとう」の気持ちを素直に表すことで、人間関係はスムーズになっていきます。
何も高価な贈り物をする必要はありません。
自分のできる範囲のことで、その気持ちを相手に伝えていきましょう。

Just another WordPress site